オール電化導入だけのリフォームなら安くて手軽

住宅リフォームは、戸建てとマンションとでかかる費用が異なります。
配管や設計によっても大きな差がありますが、大概の場合マンションと比べて戸建ての方が費用がかかるようです。多くの場合が詳細な図面のない状態での手探り作業となるので、工期が延びてしまうことにもなります。
リフォーム費用の相場は平均400万円〜700万円とされています。
打ち合わせの段階ではもっと安い見積もりが出されるのですが、いざ工事をはじめると費用や作業内容を追加する必要が出てくる場合が多いことが原因です。
同じリフォームでもオール電化導入、基本となるIHクッキングヒーターとエコキュートの設置は簡単なので、追加費用の心配も起こりにくいそうです。
その理由は、オール電化導入のみであれば、機器の入れ替えとそれに伴う工事だけなので、内装や配管にそれほど手を加える必要がないため新たな資材や工事をほとんど入れずに済むからです。工事自体も大概一日あれば終わるので、人件費や、例えば入浴や食事といった電気が通るまでの間の諸経費もかかりません。そのため当初の予定通りに工事を進められ、ほとんどの場合が80万~100万円程度で納まります。
オール電化導入は、販売価格の安さもさることながら、光熱費の削減と生活環境の向上が望めます。
興味が湧いた方にはぜひ検討することをお勧めします。
http://taiyokohatudenhikaku.com/

更新情報

2013/08/14
運営者情報を新規投稿しました。
2013/07/22
関西でオール電化にすることのデメリットの情報を更新しました。
2013/07/22
関西電力でのオール電化の省エネ率の情報を更新しました。
2013/07/22
自治体の補助金の力の入れ具合の情報を更新しました。
2013/07/22
自治体の補助金はばらつきがあるものの先着順の情報を更新しました。
△PAGE TOP